脚本家になるには

脚本家になるには?というテーマで考えてみました。内容は下記からご覧いただけます。

脚本家(シナリオライター)になるには記事一覧

脚本家になるための方法は特にこうでなければならないという道筋はありませんが、ここでは多くの人がたどる一般的な方法を紹介したいと思います。脚本家養成学校に通うシナリオライターを育成する学校に通うというのがまず最も単純な方法です。プロの講師からシナリオを創る上での根本的な考え方や、業界での経験を学ぶことができます。ただこういうマイナーな学校は東京や大阪くらいにしかないので、地方に住んでいる人は上京する...

独学で脚本家を目指すということについて私なりに考えて見ました。独学だと何が不都合なのかまず結論からいえば独学であっても脚本家になるというのはさほど難しいことではありません。いってしまえば脚本を書くと言う行為をしていて、自分で脚本家と名乗ってさえいれば脚本家なのです。そこに収入がどれだけ発生しているかという違いだけですからね。フリーランスの仕事とさほど違いがありません。ただ食べていくだけの収入を得る...

脚本家の適性について考えて見ました。あくまでこれは独断と偏見なので一つの参考までに。ただ間違っていることは言っていないと思います。脚本家に向いている人・映画やドラマ・アニメなどが大好き・話を見るだけでなく、作るのも好き・日常の中で情報収集や勉強に励める・好奇心旺盛脚本家に向いていない人・考えるのを面倒くさがる・本を読んだり文章を書くのが好きじゃない・気が短い人我慢強さが求められるいざ業務で脚本を描...

脚本家の学校やスクールに通うことは脚本家、シナリオライターを目指す上で有効な方法の一つです。学校に行って学ぶ理由皆さん高い学費を払って学校に通う「意義」というのはどこにあると思いますか?ぶっちゃけた話インターネットでどんな情報でも手に入り、書籍も充実している今の時代、独学でやるリスクと高い学費を払うリスクというのはトントンな気がします。その上で学校に通うのはなぜなのか。脚本の基礎が学べるから?プロ...

脚本家になる為には勉強だけしていても何も始まりません。作品が出来たらコンクールに応募しましょう。コンクールに応募する意義脚本家になるにはシナリオコンクールに出して受賞する、というのが一番の近道です。コンクールは良い作品を見つけることが目的ではなく、仕事として共にやってくれる実力者を探しています。スキルよりもやる気を買ってくれる業界も多々ありますが、この業界に関してはテレビという大きなメディアに流れ...