独学で脚本を学ぶことは可能?/独習でしか得られないものがある

独学で脚本家を目指すということについて私なりに考えて見ました。

 

独学だと何が不都合なのか

まず結論からいえば独学であっても脚本家になるというのはさほど難しいことではありません。

 

いってしまえば脚本を書くと言う行為をしていて、自分で脚本家と名乗ってさえいれば脚本家なのです。

 

そこに収入がどれだけ発生しているかという違いだけですからね。

 

フリーランスの仕事とさほど違いがありません。

 

ただ食べていくだけの収入を得るには世に脚本がでなければいけないわけです。

 

どうしても独学だと自分との戦いで、学校に通う人と比べたら根気がいります。

 

答えが出ない状態に苦しむことも多いでしょう。

 

ですがだからこそ、独習でやってきた人は強いです。

 

自分で考えて、自分で答えをだすという能力に長けています。

 

 

現役脚本家の経歴は様々

この業界で名の知れた脚本家にも特別な学校に通っていなかった人も多いですね。

 

下記は日本の脚本家一覧ですが、それぞれの人物の詳細をみてもらえればわかるように本当に様々な進路をたどっていますよね。

 

日本の脚本家一覧

 

アニメ雑誌のライター、漫画原作者、演劇、放送作家・・・その経歴は多岐にわたります。

 

話作りという職業には、あらゆる経験が役にたちます。

 

なので、脚本家になるのはこの道だ!という固定概念を一度捨ててみましょう。

 

実績をつくるには

テレビ局や劇団が定期的に脚本のコンテストを開催しています。

 

アニメ方面でいえばアニマックス主催のアニメックス大賞が有名です。

 

こういったコンテストに積極的に応募して実績を積みます。

 

前へ:脚本家になるには/進路は人それぞれ
次へ:脚本家の適性/向いている人・不向きな人