脚本家の給与・年収

脚本家の給与について気にされる方が多いようなので、現実問題どの程度なのかというのを紹介したいと思います。

 

脚本家の給与

脚本家に与えられる給与は固定給ではありません。関わった作品の本数によって左右されます。

 

月に脚本の仕事がこなければその月の収入は0ということになります。

 

脚本家は格差が激しくて、売れっ子の脚本家はそれこそ月に60万以上の収入を得ることもできますが、売れていないと20万にもいきません。

 

したがって平均年収や月収というものを知ることに対して意味はありません。

 

収入の目安を知った方がイメージしやすいでしょう。

 

 

脚本家の報酬

ドラマやアニメの一本分の脚本執筆の報酬についてなんですけど、ドラマとアニメではだいぶ開きがあります。
まあこれは放送時間がドラマの方が長いからなんですけどね。

 

30分アニメ1本あたりの報酬が大体平均20万くらい。低いときだと18万とかです。

 

それに対しドラマ1本あたりの報酬は60万くらいで、約3倍の開きがあります。

 

アニメ脚本家を目指している人にはあまり嬉しくない話でしょうが、この業界におけるアニメ脚本家の待遇は低いです。

 

脚本家として売れるには

さっき「売れっ子の脚本家」という表現をさらっと使いましたが、この売れっ子の脚本家になれるのなんて全体の約一握りです。

 

映画にせよアニメにせよドラマにせよ、脚本家が脚光を浴びる条件というのは

 

・原作なしで
・今までにない秀逸な話で話題を呼び
・作品がヒットした場合

 

のみです。

 

原作アリの作品が売れたところで、凄いのは原作者であって脚本家が注目されることはほとんどありません。

 

というか原作アリの作品を手掛けたことで名前が傷つく可能性もあります。

 

「原作帰るんじゃねえ」「下手な改変しやがって・・・」

 

こんな感じで作品のクオリティが低いと脚本家が叩かれます。

 

脚本家にとっての『工夫』が原作ファンにとっては邪険でしかないことも多々あるのです。

 

前へ:脚本家の日常在宅がメイン?
次へ:脚本家が作家事務所に入るメリット