脚本家と著作権の関係

脚本家と著作権の関係について少しお話しておきましょう。

 

この国での脚本家の権利

この国における脚本家の権利というのは著作権法で保護されています。

 

よって彼らが着手した脚本に関しては使用にあたり、二次使用料が発生します。

 

この「使用」の定義に関してですが

 

上映
インターネット配信
有線放送
配布
録音
販売

 

などなど、こういった用途が脚本家の許可を得るべき「使用」の定義になります。

 

日本脚本家連盟に所属する脚本家はこの許諾の権利を、脚本家連盟にゆだねています。

 

そして連盟が使用を許可した用途に用いられた際に二次使用料が発生するのです。

 

 

著作人格権について理解しておく

脚本家の著作人格権についても記述しておくと脚本家には

 

著作物の公開

 

クレジット表記

 

著作物の同一性

 

これらを守る権利が与えられているわけです。

 

なのでこれらに反して権利を侵害してしまったら、著作権違反で罰せられることもあり得ます。

 

前へ:脚本の二次使用料について
次へ:脚本家の日常在宅がメイン?