脚本家の日常在宅がメイン?

脚本家の日常を知りたいという人が多いみたいですのでそのあたりの事情を紹介したいと思います。

 

脚本家は在宅作業?

脚本家の立場はあくまで個人事業主です。監督やプロデューサーとの打ち合わせ時は出社するですが、作業の中心は自宅であることが多いです。

 

脚本家の特徴としては、制作の意向を反映しての仕事になるので書きなおしや修正依頼も非常に多いです。
小説家のようなあくまで自分主体の物書きとは違うところですね。

 

放映作品が打ち切りになったり、執筆予定の内容が急遽都合によりできなくなることもあります。

 

 

新人時代

脚本家として安定して食べていけるようになるのには、やはりそれなりのキャリアと実績が必要になります。

 

新人のうちはまともな生活ができるとは思わないほうが良いでしょう。副業でアルバイトをしながら食いつないでいる人もいるくらいです。

 

最初は仕事がなくても粘り強く腕を磨いていき、実績を積んでいくのが定石です。

 

前へ:脚本家と著作権の関係
次へ: 脚本家の給与・年収