脚本家の仕事内容

脚本家の仕事の詳細を解説しています。アニメ・実写・ゲームそれぞれの脚本家の活躍をみていきましょう。

脚本家の仕事内容について解説しています。目指す将来像についてはできるだけ明確にしておきましょう。脚本家って何する人?脚本家とは映画やアニメ、ゲームといったコンテンツの『話作り』を担当する人間のことを指します。脚本で登場人物のセリフ心理描写行動感情表現状況説明など映像化(または音声化)に必要な要素を盛り込んでいます。この要素の作り方なんですが、原作がある場合はなるべく原作遵守するようにします。このケ...

アニメの脚本家のにおけるシリーズ構成を例にこの仕事の詳細を知っておきましょう。シリーズ構成の仕事アニメは日本で年に100本を超える数制作されていますが、そのアニメの脚本の総指揮のような役割を持つ人をシリーズ構成といいます。アニメ10話前後だったり、25話前後の複数話で構成されます。そして各話ごとの脚本も複数の脚本家で分担して務めることが多い為、話が破たんしないように全体をとりまとめる役割の人間が必...

ゲームにおける脚本家はシナリオイターと呼称されることの方が多いですね。必ずしもシナリオライターを企画に参加させるとも限らなくて、ディレクターが脚本を兼任する場合もあります。ゲームシナリオライターの仕事彼らの仕事はゲームのシナリオを作ることです。どういった形で話作りに関わるかは、場合によって様々です。・企画の頃から構成に深く関与するタイプ・世界観やキャラの案を参考に執筆するタイプ・渡されたプロットを...

映画やドラマにおける脚本家の仕事内容について解説していきます。映画やドラマの脚本の特徴脚本とは映像表現の道筋のことです。映画やドラマにおいてはその道筋を作る上で以下の点を意識しながら書いていく必要があります。俳優の演技監督の演出キャメラマンの撮影技法視覚効果の有無映像化の実現性場所照明効果などなど。アニメやゲームでは映像化において基本的に制限はありませんが、実写脚本の場合は技術的な問題や、撮影場所...