脚本家の仕事内容

脚本家の仕事内容について解説しています。目指す将来像についてはできるだけ明確にしておきましょう。

 

脚本家って何する人?

脚本家とは映画やアニメ、ゲームといったコンテンツの『話作り』を担当する人間のことを指します。

 

脚本で

 

登場人物のセリフ

 

心理描写

 

行動

 

感情表現

 

状況説明

 

など映像化(または音声化)に必要な要素を盛り込んでいます。

 

この要素の作り方なんですが、原作がある場合はなるべく原作遵守するようにします。

 

このケースの場合、小説や漫画を脚本に書き起こすだけなので脚本を書く側は楽は楽ですね。

 

小説家との違い

同じ物書きとして引き合いに出されるのが小説家ですよね。

 

脚本家の場合は小説家と違って、映像化を前提とした文章を書かなければいけません。
そのため納期や技術の問題で制約があったり、監督やプロデューサーから修正依頼があったりといったことが、ままあります。

 

 

脚本家の仕事の始まり

脚本家の仕事は監督やプロデューサーとの打ち合わせから開始されます。
話の方向性やテーマを決めてその内容に沿った脚本作りをしていきます。

 

長期のシリーズにおいてはシリーズ構成という役職が設けられることもあり、各話を担当する脚本家をとりまとめる役割を持ちます。

 

話の整合性を合わせたり、流れを止めない為にも重要なポジションです。

 

またアニメの脚本か、ゲームの脚本か、実写映像の脚本かにより書き方も大きく変わってきます。

 

各分野に慣れている人に脚本を書かせる傾向が強いので

 

アニメ中心に手掛けてる人と、実写中心に手掛けている人で脚本家は分かれるんです。

 

各分野の脚本家の詳細は以下からご覧ください。

 

アニメ脚本家の仕事

 

実写映画脚本家の仕事

 

ゲームの脚本家(シナリオライター)の仕事

 

次へ:アニメにおける脚本家の仕事/アニメ脚本家になるには