起承転結の『起』の機能と書き方/見るか辞めるか大抵ここで決まる

起承転結の『起』の書き方について解説しています。

 

『起』の役割

起承転結の『起』は物語の導入部分であり

 

・世界観

 

・場所

 

・登場人物

 

・目的

 

などを一挙に読者に伝えなければならない部分です。

 

作品のテーマともいえる主人公の行動目的がはっきりしていないと、客も何に共感して、感情移入していいのかわかりません。

 

ここでしっかり客を惹きこむことが重要です。

 

 

『起』の書き方

起を書くにあたり、最初に考えておくべきことは結末です。

 

物語というのは最初から最後までつながっているのですから、起にはどんな結末があるのかを考慮した描写をすることが求められます。

 

つまり逆算して書いた方がストーリーというのは整合性がでます。

 

テーマを考えて、そのテーマに相応しい結末を考え、その結末に相応しい導入を考える。

 

これが起の書き方の王道となります。

 

前へ:三幕構成 第3幕 「結末」「解決」
次へ:起承転結の『承』の役割と書き方/ジェットコースターを目指せ