三幕構成とは/発端・葛藤・解決を盛り込む

脚本を構成する上で重要な概念「三幕構成」について解説していきます。

 

三幕構成とは?

三幕構成というのは物語を作る上で「型」となるものです。

 

話作りの基礎の基礎として起承転結についてお話しましたが、脚本を書く上で基本となるのはこちらの三幕構成だと思ってください。

 

三幕構成は以下の構成になっています。

 

1幕:発端

 

2幕:葛藤

 

3幕:解決

 

これらをくわしく見ていきましょう。

 

1幕 発端

ここは物語の導入部分でお客さんをまず引き込むためのお話です。

 

主人公の性格、目的、家庭環境、世界観などなどを伝えて「この作品で何をしていくのか」をきちんとわかってもらいます。

 

ここで興味を持たない人は去っていきますし、興味を持ってくれた人ならば次の『2幕』に期待します。

 

いずれにせよ、主人公を突き動かす動機や、世界観をお客さんと共有出来なければ、これからどんな面白い展開が待っていようが多くの人は興味を失うことになるでしょう。

 

 

2幕 葛藤

1幕の発端を経て主人公の動機がはっきりしたら、次はその行動を阻む存在が出現します。その存在との対立。衝突。そしてそれに当たって自身におこる葛藤を見せるのが第二幕の役割となります。

 

物語の世界観がより深くわかり、今後の展開が明らかになり始める部分であり、「どうなるの!?」という気持ちを煽る部分でもあります。

 

3幕 解決

いうまでもなく解決の役割を担うのがこの『3幕』です。起承転結でいうところの結にあたる部分ですね。

 

主人公の目的が果たされて、作品のテーマに対する『答え』を提示します。その答えをいかに納得させられるかが脚本家の腕の見せ所です。

 

 

以上三幕構成について簡単に解説しました。各幕の詳細については詳細を見るからご覧いただけます。

 

いずれも脚本家を目指すならば知っておかねばならない要素です。

 

前へ:わかりやすいストーリー 執筆前の準備
次へ:葛藤や価値のぶつかりあい 執筆前の準備